MENU

 掲示板で知り合ったパパ、無事にコンビニの前で会うことが出来たのですが…えって感じの人だったんです。
小太りて髪の毛が薄くて、何だか薄ら笑いを浮かべているような感じで、着ている服もヨレヨレだったんです。
本当にこの人って、パパになることができるの?と思ってしまうくらいに、ダメなおじさんといった風体の人だったのです。
人は見かけによらないなんて言う言葉があるけれど、中身はもしかしたら本当にお金を持っている人かもしれない、そう思うしかありませんでした。
何だかエッチな方法笑みで挨拶をされて、その人とホテルに移動したのです。
そのラブホテルも、かなり古い造りのもので、かなり安い料金で利用できる場所だったのです。
リッチとはほど遠い雰囲気を持っているおじさんと、これかけたようなラブホテルの中で、2人きりになってしまいました。
「大丈夫安心して、ちゃんとお金は持っているし、気に入ったら50万円を毎月払ったあげるからね」
そういうのです。
そしてわたしの身体を触りだして、ニタニタと笑っていました。
「若い子の肌は綺麗で本当にいいね」
そんなこと言いながら、しきりに私の身体を触って服を脱がせていくのです。
正直セックスは久しぶりだったけど、あまり気分になっていかなかったのです。
どうしても相手の見た目のこともありましたし、本当にお金を持っているのかどうか?この部分で不安を感じてしまいました。
「先にお話をさせてください」
「セックスの後にしよう」

そう言って自分も全裸になって、とても小さなオチンチンを出してきました。
その男性に無理矢理服を脱がされ裸にされ、愛撫されていったんです。
凄く早い段階で挿入をしようとしてくるし、慌ててコンドームをつけてとお願いをしました。
ほとんどまともな前戯もないまま挿入になる、これって思いっきり下手な男性のやる方法です。
あんまり濡れていないし、凄く嫌な気分になってしまいました。

 

定番サイト登録無料
愛人契約サイトランキング
身元確かなリッチなパパをここで見つけました